HOME  > 防火ネットニュース6月号  > 9. 【地方からの便り】北見地区で春の火災予防運動事業を実施ほか〔雲南〕

2019年6月

9. 【地方からの便り】北見地区で春の火災予防運動事業を実施ほか〔雲南〕

目次

春の火災予防運動関連行事を実施

北海道 北見地区消防組合消防本部

―火災予防広報音声の作成協力における感謝状贈呈式―
 北見地区消防組合で使用する火災予防広報音声の作成に、北海道北見商業高等学校放送局のご協力を頂き、感謝状贈呈式を行いました。 BGMについては市内小学校の教諭に作曲を依頼し、編集など様々な方にご協力を頂き3曲(春・秋・歳末)提供して頂きました。
 新しい広報用音声は、火災予防運動等で広報を実施する際に使用し、平成31年4月22日より正式に運用を開始しました。



―火災初期対応実務研修会(消火器の部)―
 北見地区消防組合消防本部では、春の火災予防運動関連事業として、北見地区防火管理協議会会員を対象に火災初期対応実務研修会を、平成31年4月25日(木)に開催しました。
 参加した会員の方々は火災発見時から初期消火、避難誘導及び消防隊への情報伝達まで、消火器を使用した一連の行動を確認し、火災時の重要点を学びました。




このページの上に戻る

「防火クラブ・自主防災組織会長会議」に196人が参加

島根県 雲南消防本部

 雲南防火委員会(会長 糸原文昭雲南消防本部消防長)では、令和元年5月26日(日)に(一財)日本防火・防災協会共催の「防火クラブ・自主防災組織会長会議」を196人の参加を得て開催しました。
 会議に先立ち、(一社)島根県消防設備協会 事務局長 渡部正夫氏 に「防災の才覚」を演題に、 自助・共助・公助について永年の防災対応の経験や知識をわかりやすく講話いただき、災害に対する日頃の備えの重要性を改めて認識いたしました。


防火クラブ・自主防災組織会長会議
会長あいさつ

島根県消防設備協会 事務局長 渡部正夫 氏
演題「防災の才覚 」

 会議では火災概況や住宅用火災警報器の維持・管理についての説明を行いました。また、日頃の積極的な活動が認められ、令和元年度優良防火クラブ表彰を5団体が受賞されました。
 出席された皆様は本会議を通じて得られた知識を、今後の地域防災に活用し、防火・防災の担い手となって、組織の充実強化に努めて頂けるものと確信しております。

令和元年度優良防火クラブ表彰
目次