HOME  > 防火ネットニュース6月号  > 5. 【地方からの便り】鳥取

2022年6月

5. 【地方からの便り】鳥取

目次 次頁

 以下の内容は(一財)日本防火・防災協会が民間防火組織の拡充・強化を図るため、共催により事業費の一部を助成した行事を掲載しております。

鳥取大火から70年火災予防祈念行事「火災から命を守る」を開催
鳥取県東部広域行政管理組合消防局


講演案内板
 鳥取県東部広域行政管理組合消防局は、鳥取大火から70年火災予防祈念行事「火災から命を守る」を令和4年5月15日(日)に鳥取市役所市民交流棟で開催しました。
 鳥取市では昭和27年4月17日に発生した火災により7,000棟以上の建物が被害を受けました。この大火から今年で70年を迎えたことから、改めて住民の皆様とともに火災予防に取組んで行くため(一財)日本防火・防災協会、鳥取市、鳥取県東部鳥取・湖山消防署管内消防連絡協議会及び鳥取県立公文書館との共催で開催いたしました。
 第1部の鳥取大火の解説では、歴史を振り返り火災拡大要因などを学びこの教訓を伝えることが未来の火災予防に繋がることを学びました。
 続いて第2部の火災予防講演では令和3年に発生した島根県での大火の被害状況を伺ったところ、参加者からは大火の発生した時代は違えども火災予防に対する思いは一つであると共通の感想でした。
 最後の第3部では手話通訳者による手話を用いた避難誘導をテキストなどを用いて学んだ参加者からは、自宅で復習できると大変好評でした。
 また、同時開催した鳥取大火の写真展では70年前の大火を振り返ることにより防火意識の高揚が図れました。


住警器見本の展示

配布チラシ

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため少人数での開催となりましが、地域防災の要となる方々に参加いただいたことで経験知識を各自治会、地域に持ち帰り伝達していただけることが出来て大変有意義な行事となりました。今後もこのような行事を開催し、住民の皆様とともに安心して暮らせる町づくりに取組んでまいります。


講演会の様子

鳥取大火の写真展
目次