HOME  > 防火ネットニュース9月号  > 2.日本少年消防クラブチーム「ヨーロッパ青少年消防オリンピック」に参加

2017年9月

2.日本少年消防クラブチーム「ヨーロッパ青少年消防オリンピック」に参加

目次 次頁
一般財団法人 日本防火・防災協会


 CTIF(ヨーロッパ各国を中心に組織する国際消防組織)が主催する、「第21回ヨーロッパ青少年消防オリンピック」が平成29年7月9日〜16日オーストリアで開催されました。
少年消防クラブ活性化推進会議は、日本消防協会が中心となり、24名の少年消防クラブメンバーを派遣しました。
選手団は、国内の先進的な少年消防クラブから公募により選考し、4つの少年消防クラブ24名(1チーム当たりクラブ員5名、指導者1名)で編成されました。
競技は、消防障害物競技と400メートル障害リレーが実施され、不慣れなヨーロッパ仕様の消防資器材が使われる中、日本チームは一丸となって全力を尽くしていました。
大会では、ヨーロッパ各国の青少年と競い合い、素晴らしい交流を深めることができました。この成果をこれからの我が国の少年消防クラブの、そして日本消防の益々の発展に活かしてまいります。

■ヨーロッパ青少年消防オリンピック概要

主催:CTIF(ヨーロッパ各国を中心に組織する国際消防組織)
開催期間: 2017年7月9日〜16日
開催地: オーストリア共和国フィラッハ市
開催概要: 青少年消防オリンピックは2年に1回開催、今回で21回目
1チーム10名、年齢12歳から16歳
競技等:
  • 消防障害物競技
  • 400メートル障害リレー
  • 国際交流イベント等
消防障害物競技
障害リレー
消防障害物競技
消防障害物競技
障害リレー
障害リレー

■選手団

宮城県南三陸町歌津中学校少年防災クラブ
東京都世田谷区成城消防少年団
広島県府中町府中町少年少女消防クラブ
福岡県北九州市くすばし少年消防クラブ
応援席の様子
選手入場の様子
応援席の様子

このページの上に戻る
目次