HOME  > 防火ネットニュース9月号  > 2.住宅用火災警報器の普及状況の推計結果(平成25年6月時点)−総務省消防庁

2013年9月

2.住宅用火災警報器の普及状況の推計結果(平成25年6月時点)−総務省消防庁

目次 次頁

住宅用火災警報器の普及状況の推計結果

総務省消防庁

 消防庁では、消防法の改正により設置義務化された住宅用火災警報器の設置率について、平成25年6月1日時点での推計を実施しました。
 その結果、全国の住宅用火災警報器の推計設置率は79.8% となっており、平成24年6月1日時点での推計設置率(77.5%)から2.3ポイント上昇しています。(推計設置率の推移、都道府県別等の結果は、下記参照)
 消防庁では、この結果を各都道府県消防防災主管部長等に通知し、住宅用火災警報器の維持管理の重要性とともに、設置率100%をめざし、さらなる推進活動を行ってまいります。

<推計普及率(全国)>(H25.6.1時点)
全国79.8%(前年比 +2.3ポイント)

※調査対象からは、東日本大震災において、全壊、半壊の戸数が、全戸数の2割以上を占める地域並びに警戒区域及び計画的避難区域に指定された箇所が大半を占める地域で、かつ、震災以降に調査できなかった地域を除いている。

※一定規模以上の共同住宅等で自動火災報知設備等が設置されていることにより住宅用火災警報器の設置が免除される場合も「推計設置世帯数」に含む。

<推計普及率(都道府県別)>

都道府県名推計普及率都道府県名推計普及率都道府県名推計普及率
全国79.8%富山県83.9%島根県80.2%
北海道82.7%石川県86.0%岡山県77.2%
青森県76.4%福井県91.8%広島県85.2%
岩手県74.2%山梨県72.0%山口県85.9%
宮城県86.9%長野県76.9%徳島県71.0%
秋田県78.9%岐阜県78.8%香川県76.3%
山形県81.9%静岡県72.9%愛媛県76.3%
福島県74.6%愛知県81.6%高知県67.6%
茨城県64.3%三重県75.1%福岡県81.5%
栃木県71.8%滋賀県78.8%佐賀県77.7%
群馬県74.8%京都府80.9%長崎県82.2%
埼玉県75.0%大阪府82.9%熊本県80.1%
千葉県73.9%兵庫県83.8%大分県88.0%
東京都82.7%奈良県71.1%宮崎県75.5%
神奈川県83.5%和歌山県82.2%鹿児島県85.1%
新潟県83.5%鳥取県79.0%沖縄県67.4%

全国の推計設置率の推移

このページの上に戻る
目次