■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

   一般財団法人 日本防火・防災協会
   防火ネットニュース メールマガジン [ Vol.205 2022年1月11日 ]
   https://www.n-bouka.or.jp/netnews/

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

 こんにちは  防火 タロウ 様


 謹んで新春のお喜びを申し上げます。新型コロナウイルス感染症拡大の不
 安がある中、消防・救急現場、その他の様々な危険がある現場で職務にあ
 たっている皆様に心からの感謝を申し上げます
 当メールマガジンは早いもので16周年を迎えることになりました。
 今年もより一層の防火防災知識の普及、啓発を図れるよう活動してまいり
 たいと思いますので何卒よろしくお願いいたします。
 

===================================


▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
 もし、一日前に戻れたら・・・ 第139回
  私たち(被災者)からみなさんに伝えたいこと
───────────────────────────────────
 被災から一定期間を経過した被災者・災害体験者のみなさまや災害対応
 経験者のみなさまにお集まりいただいて「もし、災害の1日前にもどる
 ことができたら、あなたは何をしますか」をテーマに、

 1 私は生きる、津波で死んだ家族の分まで

 2 地震後は地域で水汲み手伝う
  〜今では仲良くなった近所のおじいちゃん〜

 3 津波はまるで大きな川のよう
  〜大きな木も根こそぎ流された〜

 4 マンションの1階だけが床上80センチ
  〜水害きっかけに自主防災組織で水位センサー設置〜

 5 水害の水は洗い流せ
  〜 20年前の経験活かし、お湯を浴びてもらう〜

 といった本音の話をお聞かせいただき、これらの話から導き出されるさ
 まざまな教訓や身につまされる体験をショートストーリー(エピソード)
 に、「災害被害を軽減する国民運動」の一日前プロジェクトによって、
 取りまとめられたものです。これらのエピソードを家庭や地域あるいは
 職場といったさまざまな場面で、防災・減災について考え、「災害に備
 える」につなげていただくよう、シリーズで配信しております。

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/images/22_01/01.pdf
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【1】(一財)日本防火・防災協会 秋本会長 令和4年新春ご挨拶
───────────────────────────────────
 
 新年おめでとうございます。皆様にとって今年がよい年でありますように
 と祈り、願いをこめてご挨拶させていただきます


⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page01.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【2】令和4年新年のご挨拶(内藤 消防庁長官)
───────────────────────────────────
 
 令和4年の新春を迎えるに当たり、全国の消防関係者の皆様に謹んで年頭
 の御挨拶を申し上げます。
 

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page02.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【3】令和2年(1月〜12月)における火災の状況(確定値)
───────────────────────────────────
 
 令和2年(1〜12月) における総出火件数は、34,691件で、前年より
 2,992件減少(-7.9%)しています。
 

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page03.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【4】消防自動車や救急自動車の緊急通行に対するご理解とご協力を
   お願いします
───────────────────────────────────
 
 車やバイクを運転中に、サイレンを鳴らし赤色の警光灯を点灯した消防自
 動車や救急自動車が近づいて来たら、進路をスムーズに譲ることができて
 いますか?
 

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page04.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【5】ストーブの安全な取扱い
───────────────────────────────────
 
 令和2年中の住宅火災の発火源別死者数は、たばこ、電気器具(電気スト
 ーブ等を除く。)に次いでストーブが3位となっています。
 

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page05.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【6】雪害に対する備え
───────────────────────────────────
 
 大雪、暴風雪等が予想される場合や除雪作業を行う場合には、以下の注意
 点を参考に、安全確保を心がけ、事故防止に努めましょう。
 

⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page06.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【7】防火管理講習・防災管理講習を受けましょう!
───────────────────────────────────
 日本防火・防災協会では、防火管理者・防災管理者の資格を取得するため
 の講習を行っております。
 建物内の防火防災に必要な知識・技術・対策について学ぶことができる講
 習です。当協会の講習は中学校卒業以上で日本語を理解できる方であれば、
 どなたでも受講出来ます。また、全国どちらの会場でも受講することがで
 きます。新型コロナウイルス感染症対策の影響により、講習会を制限して
 実施しております。ご理解をお願いいたします。


⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page07.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【8】【日本防火・防災協会】「全国女性防火クラブの集い」サイトを開設!
───────────────────────────────────
 
 ・令和3年度「全国女性防火クラブの集い」サイトを開設!
 
 ・総合情報誌「地域防災」12月号(41号)発行のお知らせ


⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page08.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【9】【幼少年消防クラブ】塩釜、登米、館林、大牟田、伊万里
───────────────────────────────────
 
 ・「第34回塩釜地区幼年消防クラブ地区大会」を開催
 (宮城県塩釜地区消防事務組合消防本部)

 ・「幼年消防クラブのつどい」を開催
 (宮城県 登米市幼少年婦人防火委員会)

 ・「邑楽町立眦臂学校少年消防クラブ大会」を開催
 (群馬県 館林地区消防組合消防本部)

 ・「第30回 大牟田市幼年消防クラブ大会」を開催
 (福岡県 大牟田市消防本部)

 ・「少年消防防火書道大会」を開催
 (佐賀県 伊万里・有田消防組合 伊万里消防署)


⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page09.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽
【10】【地方からの便り】三原
───────────────────────────────────
 
 ・「ヘリコプター救助要請訓練」を実施
 (広島県 三原市消防本部)


⇒詳しくはこちら
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/2022/01/page10.html
△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△

===================================
>>次号「Vol.206」は2022年2月10日配信予定です。
===================================
■メールマガジンに関するお問い合わせ
一般財団法人 日本防火・防災協会 振興部
TEL:03−6280−6904
メールアドレス:nbk-mm@n-bouka.or.jp

■登録情報の編集・解除手続きは下記URLよりお願いいたします。
https://www.n-bouka.or.jp/netnews/melma_edit.html
===================================