MENU

防火ネットニュースをご覧になりたい方は、下記より年、月を選んで、最後に閲覧ボタンを押して下さい。
過去のネットニュースもご覧いただけます。


PDFファイルをご覧頂くには「Adobe Reader」が必要となります。 アイコンをクリックすると、 無料で「Adobe Reader」をダウンロードすることが出来ます。
Get ADOBE READER

HOME  > 防火ネットニュース  > 6.【幼少年活動】塩釜地区幼年消防クラブ地区大会を開催ほか〔八女〕

防火ネットニュース

6.【幼少年活動】塩釜地区幼年消防クラブ地区大会を開催ほか〔八女〕

目次前頁次頁

第32回塩釜地区幼年消防クラブ地区大会を開催


宮城県 塩釜地区消防事務組合消防本部

 塩釜地区消防事務組合消防本部では、幼年期の防火・防災意識の高揚と、集団活動での自主協調などを養うことを目的として、平成30年6月13日(水)宮城県総合運動公園セキスイハイムスーパーアリーナにおいて、「第32回塩釜地区幼年消防クラブ地区大会」を(一財)日本防火・防災協会共催により開催しました。
 大会当日は管内保育所・幼稚園など29クラブ、約1,050名が参加し、入場後参加者全員で「火の用心のうた」を合唱し、「火」「用」「心」をモチーフにしたみこしと、当組合マスコットキャラクター「塩防くん」をモチーフにした手作りのみこしと合わせて6台で会場を練り歩き、その周りを子ども用まといを持つ園児たちが「わっしょい・わっしょい」の掛け声で会場を盛り上げました。


子ども用まといを持つ園児たち

「火」「用」「心」をモチーフにした
みこしを持つ園児たち

 続いて、参加園児全員が会場全体に響く元気な声で、「絶対に火遊びはしません」と防火のちかいを行いました。


防火の近い

総勢1,050人が大会に参加

 最後に、消防職員による防災劇「塩防くんと森の仲間たち」を行い、「塩防くん」の登場や、「レスキューマン」と火の悪魔「火悪魔ン」の戦闘シーンでは、多くの園児が立ち上がりながら「レスキューマン」に声援を送るなど大いに盛り上がり、楽しく防火・防災を学び充実した大会となりました。


消防職員による防災劇
「塩防くんと森の仲間たち」

消防車の前で記念撮影

このページの上に戻る

八女地区の少年消防クラブ活動


福岡県 八女消防本部

―八女市星野少年消防クラブ大会を実施―
 八女市星野少年消防クラブは、平成30年5月20日(日)、八女市星野地域活性化施設において「平成30年度八女市星野少年消防クラブ大会」を実施しました。
 式典では、新クラブ員に対しクラブ員証の交付を行い、クラブ員全員が緊張しながらも大きな声で誓いのことばを宣誓しました。
 式典後は、放水体験や消火器取扱い訓練、煙体験、炊き出し訓練を行いました。
 煙体験では、建物内で煙発生装置を使用し、実火災時に煙がどのような動きをするのか、煙が充満した部屋をどのように移動すれば良いかを体験しました。炊き出し訓練では、災害発生時に炊飯器が無くてもポリ袋に米と水を入れ、ご飯を炊くことができる方法を体験しました。
 新クラブ員はこれから2年間のいろいろな活動を通して、防火・防災に関する知識を身に付け、クラブ員のみんなと楽しい思い出をたくさん作っていきたいと思います。


―八女市少年消防クラブ大会を実施―
 八女消防本部は平成30年6月2日(土)、新クラブ員を対象に八女市少年消防クラブ大会を実施しました。式典では子どもたちが、緊張しながらも元気に返事をし、任命書を受け取りました。
 式典後は、梯子車乗車体験で30mの高さを体験したり、煙体験ハウスで火災時の煙体験や放水体験を行い、日頃できない消防体験を行いました。今後2年間、様々な体験を通して消防を身近に感じでくれればと思います。



このページの上に戻る
 
目次